火星に住むつもりかい?

密告、連行、熾烈な取り調べ。暴走する公権力、逃げ場のない世界。しかし、我々はこの社会で生きていくしかない。孤独なヒーローに希望を託して・・・

火星に住むつもりかい?    伊坂幸太郎 作
20170707火星に・・・

住人が相互に監視し、密告する。危険人物とされた人間はギロチンにかけられる。身に覚えがなくとも、交代制の「安全地区」と、そこに配置される「平和警察」。この制度が出来て以降、犯罪件数が減っているというが・・・。
今年、安全地区に選ばれた仙台でも、危険人物とされた人間が、ついに刑に処された。こんな暴挙が許されるのか?そのとき!全身黒ずくめで、謎の武器を操る「正義の味方」が、平和警察の前に立ちはだかる!

久々の伊坂幸太郎(←購入してから暫く読んでなかった)作品です。

個人的な感想としては、前半の流れと後半の盛り上がりは良しとしても、中盤の中弛み感が微妙・・・また、読んでいて主人公は誰なのか、最後は理解出来たけど分かり難かったかな。しかし、後半の展開には目が離せません!!

気になった方は書店まで!!

それでは。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

tomy24

Author:tomy24
★ ★ ★ ★ ★ ★ ★
100%オレ的な日記です。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ