ちょっとペースが落ちてますが、取り敢えず継続して読書を楽しんでいます。今回は「第33回 小説推理新人賞」を受賞した小林由香さんの作品です!!

大切な人が殺された時、あなたは「復讐法」を選びますか?

ジャッジメント   小林由香 作
20170928ジャッジメント

大切な人を殺された者は言う。「復讐してやりたい」と・・・凶悪な事件が起きると人は言う。「同じ目にあわせてやりたい」と・・・

犯罪が増加する一方の日本で、新しい法律が生まれた。目には目を歯には歯を・・・。この法律は果たして被害者とその家族を救えるのだろうか!?

個人的感想としては、凄いところに着目したなぁと感じました。様々な事件が起こる世の中、被害者家族の気持ちは当事者でないと理解出来ないとは思うのですが「復讐法」とは考えさせられますね・・・面白いです!!

凄い新人が登場しましたね w( ̄o ̄)w

気になった方は書店まで!!

それでは。



スポンサーサイト
最近、読書を疎かにしてました。久しぶりに大好きな柚木裕子さんの著書になります。今回はカバーからしていつもと違う雰囲気を感じますね!!

合理的にありえない   柚木裕子 作
20170901合理的にあり得ない

不祥事で弁護士資格を剥奪された上水流涼子は、IQ140の貴山をアシスタントに、探偵エージェンシーを運営。「未来が見える」という人物に経営判断を委ねる二代目社長、賭け将棋で必勝を期すヤクザ・・・明晰な頭脳と美貌を武器に、怪人物がらみの「あり得ない」依頼を解決に導くのだが・・・

個人的感想・・・柚木作品にしては軽いノリの短編集になります。いつものように頭を使わなくても勧善懲悪で楽しめる作品だと思います。

ちなみにカバーの女性ですが、自分的に米倉涼子にしか見えません(*’U`*)

気になった方は書店まで!!

それでは。



密告、連行、熾烈な取り調べ。暴走する公権力、逃げ場のない世界。しかし、我々はこの社会で生きていくしかない。孤独なヒーローに希望を託して・・・

火星に住むつもりかい?    伊坂幸太郎 作
20170707火星に・・・

住人が相互に監視し、密告する。危険人物とされた人間はギロチンにかけられる。身に覚えがなくとも、交代制の「安全地区」と、そこに配置される「平和警察」。この制度が出来て以降、犯罪件数が減っているというが・・・。
今年、安全地区に選ばれた仙台でも、危険人物とされた人間が、ついに刑に処された。こんな暴挙が許されるのか?そのとき!全身黒ずくめで、謎の武器を操る「正義の味方」が、平和警察の前に立ちはだかる!

久々の伊坂幸太郎(←購入してから暫く読んでなかった)作品です。

個人的な感想としては、前半の流れと後半の盛り上がりは良しとしても、中盤の中弛み感が微妙・・・また、読んでいて主人公は誰なのか、最後は理解出来たけど分かり難かったかな。しかし、後半の展開には目が離せません!!

気になった方は書店まで!!

それでは。



百田尚樹、涙ながらの大謝罪!これで日韓問題は解決する。題名を見て百田さんのことだから「絶対にコレは何かある!」と思った人・・・正解です(笑)

今こそ、韓国に謝ろう   百田尚樹 作
20170703百田

一気読みです!!

隣の国の歴史を知ることが出来ました ( ̄^ ̄)ゞ

感想はそれだけにしておきます・・・

気になった方は書店まで!!

それでは。





夜になると、僕は化け物になる

よるのばけもの   住野よる 作
20170628よるのばけもの

安達(←自分を昼はオレと呼び、夜は僕と呼ぶ)が主人公の物語。

最初はまったく展開が読めなかったのですが、中盤からはグイグイ引き込まれて行きました。単刀直入に言うとテーマは「イジメ」です。人間誰しも表と裏の顔、昼と夜の顔があるのでしょうか・・・。考えさせられます。

読み合終わったとき、じんわりと心に響いて来ます。

矢野が発した「やっと、会え、たね」の言葉。深いです・・・

興味のある方は書店まで!!

それでは。



プロフィール

tomy24

Author:tomy24
★ ★ ★ ★ ★ ★ ★
100%オレ的な日記です。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ