FC2ブログ
書店に積み上げられていたのが目に留まり、たまたま立ち読みしながら開いたページが良かったのか、少し目を通して何となく買ってしまった一冊です。

文豪たちの悪口本   彩図社文芸部 編
20191122悪口本

僕はこの手紙を、君に恥をかかせるつもりで書いた…

川端康成らに対する太宰治の怒りと愚痴、中原中也の破天荒な言動、織田作之助ら無頼派と志賀直哉の確執、周囲の人が見た夏目漱石の人となり、菊池寛と新進作家の喧嘩、菊池寛を決して許さない永井荷風、文士の風潮記事を連発した反骨のジャーナリスト宮武外骨、谷崎千代をめぐる谷崎潤一郎と佐藤春夫の対立など…悪口から見る、文豪の魅力だってさ…

個人的には、雑学の参考になった程度です

興味のある方は書店まで!!

それでは。


スポンサーサイト



題名と表紙に惹かれて手にに取ってしまった本です…。昔ばなし×ミステリなのですが、小さい頃に教えて貰った”昔ばなし”がこんな風に変わるとは…

むかしむかしあるところに、死体がありました。  青柳碧人 著
20190912昔ばなし

こちらは「一寸法師の不在証明」や「密室竜宮城」など五編からなる短編集になります。なんだそれー!って思いながら気楽に読める作品です。

個人的には「つるの倒叙がえし」が良く練ってあって面白かったです。ただ、本の扱いを雑にして、折り目を付けてしまった事は反省しないとな

気になった方は書店まで!!

それでは。


デビューから12年目を迎え、他の追随を許さない独自の作風がじわじわと浸透しており、近年「フルクリスト」が増殖中という木下古栗の作品です

生成不純文学   木下古栗 著
20190904木下

四つの物語を収めた短編集になります。

数年前に発売した【グローバライズ】で木下古栗を知ったのですが、簡単に言えば、物凄く下品で下ネタ満載。理解不能な内容なのに、なんだか面白いという…なんとも不思議な本だったのですが…

この”生成不純文学”も下品というか理解に苦しむ内容になってます。残念ながら、子供たちには絶対に読ませたくない大人の本かもしれません

興味のある方は書店まで!!

でも、多分置いてないと思う…

それでは。


先日の【きらやか経営者セミナー】でいただいた本です。講師としていらっしゃったアパホテル社長 元谷芙美子氏の著書になります。

強運    元谷芙美子 著
20190716もとや

ハプニングや逆境こそチャンスです!すべてをプラスに転じる前向きな思考を身に付けて、幸せをつかみましょう!

社長の性格そのもの…明るく前向きになれます。

とっても読みやすい本ですよ

興味のある方は書店まで!!

それでは。


昨年末だったか…バラエティ番組(←クイズ形式)で紹介されていた本です。その時も面白かったので少し興味が沸いたのですが、忘れていた頃に偶然にも書店でみつけたので購入してみました!!

わけあって絶滅しました。   今泉忠明 監修
20190116絶滅

絶滅には大きく二つに分類され、ひとつは【地球のせい】もうひとつは【ほかの生き物のせい】となり、その理由として圧倒的一位は理不尽な環境の変化。二位はライバルの出現。三位に人間ということになるようです。

本の冒頭にある、絶滅は自然の仕組みのひとつですが【人間が関わった絶滅】はまったくの別物。何故ならば人間による絶滅は次の進化した生き物を生み出さないからです…。自分的に、この文言は心に突き刺さります。

でも読んで楽しい本ですよ!!登場する生き物の絶滅した理由が面白おかしく紹介されております。また可愛いイラストと、漢字にはすべて「ふりがな」がふってあるので、お子様でも楽しく学べる本になっていると思います。

また雑学が増えました(笑)

気になった方は書店まで!!

それでは。





プロフィール

tomy24

Author:tomy24
★ ★ ★ ★ ★ ★ ★
100%オレ的な日記です。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ